お気に入りに登録

【連載】医療事故、あなたならどうする?

最終回 法律関連用語 医療事故が起きたときに生じる責任について?

監修 水島幸子

社団法人大阪府看護協会および社団法人兵庫県看護協会顧問弁護士。

Xs2zykqpg7hbhhme1334216643icon jiko


今回は医療事故が起きたときに生じる責任について、法律関連用語の解説を交えながら、説明します。


医療事故が起きたとき、3つの責任が発生する

医療事故によって被害が発生した場合、事故によって発生した身体的、精神的、経済的損失などを賠償する(民事上の責任)、行為者が行為に対して国から刑罰を受ける(刑事上の責任)、事故を起こした当事者が医療従事者としてふさわしい資質を備えているかどうかを監督行政機関から判断を受ける(行政上の責任)という、3つの責任が発生します。以下に3つの責任に関連する言葉を説明します。

損害賠償責任

医療事故によって患者さんに被害が生じた場合、病院あるいは医療者個人が民事上の責任として、1)債務不履行責任、または2)不法行為責任に問われることになります。

債務不履行責任は、患者さんと医療機関との間に診療契約があることを前提とし、医療機関の開設者に対して患者側が損害賠償を求める形になります。一方、不法行為責任は契約関係の有無を問わないので、民法所定の要件を満たした場合に、加害者である病院あるいは看護師個人が、被害者である患者側に対して負うことになります。

>> 続きを読む
ページトップへ