お気に入りに登録

【連載】難しい患者さんの日常ケア

痛みが強く触らせたがらない患者さんの褥瘡ケア

解説 二宮友子

東京慈恵会医科大学附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師

662491461f62b8612e41c7c0cdcd8be02

【目次】

※「ケア用品の使い方のコツ」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


褥瘡ケアのコツ

褥瘡への理解がないとき

患者さんの中には、自分は寝たきりではないので、褥瘡はできないと思っている人がいます。しかし、たとえばトイレ歩行が4時間間隔で、それ以外はベッドで寝て過ごしているなど、寝たきりの少し手前ぐらいでも、褥瘡のリスクは十分にあります。そこで、少しでも痛みや異変を感じたら、早めに看護師に報告してもらうなど、セルフケアができるような患者指導も大切です。その場合は、単に「床ずれを予防しましょう」では患者さんには伝わらないので、「同じ姿勢を続けていると~」、「痩せている部分の骨が飛び出していると~」など、患者さんが具体的にイメージできるように話すと、協力をしてもらいやすくなります。

>> 続きを読む
ページトップへ