お気に入りに登録

【連載】初歩からわかる看護研究

Step2 【看護研究】テーマのモトは現場のギモン

監修 富田真佐子

四国大学看護学部看護学科・教授

W1gctyqztzzy4twy1322554590icon kenkyu

看護研究を始めると、最初に当たる関門が「テーマ決め」です。自分が何を疑問に思うのか、何を知りたいのか、これを明確にしておかないと、研究方法も決まりません。今回は現場で感じる疑問を「テーマ」にしていく過程を学びます。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

臨床で出合う疑問から出発して「問いのリスト」に

今回から具体的な研究の進め方について説明していきます。まずは研究テーマをどうやって決めていくのか、最初の段階について説明していきましょう。

前回でもお話したように、日常の看護業務の中で感じる「疑問」や「問題」が、テーマにつながります。「患者さんのことがよくわからない」とか、「私が行っている 看護ケアって本当にこれで良いのだろうか?」と、思うことはありませんか? ほんの小さな気づき、それが看護研究の出発点です。

忙しい業務の中では何となく見過ごしてしまうかもしれませんが、「あれ?」と思うことがあったらすぐに書き留めておきましょう。看護研究のヒントになるかもしれません。

さて、何か「疑問」や「問題」が見つかったとします。その何かうまくいかない状況(例えば「患者指導がうまくいかない」等)に気がついたとしたら、その現象を書き起こしてみてください。頭の中でぼんやり考えていても、はっきりしてきません。書くことで必ず整理されていくものです。

さらに、そこから「何がわからないのか」を短い言葉にしていきます。例えば「患者さんが知りたい情報は何か」というふうに、短い言葉でいくつか挙げてみてください。あなた自身の言葉で構いません。これを「問いのリスト」(図参照)とします。

テーマの導き方

この問いのリストから重要な「問い」を選びます。何を知ることが最優先なのか、一番知りたいことは何なのか。いくつも欲張ってはいけません。ひとつ の研究の中で「問い」がいくつもあると、焦点がぼやけてわかりにくい研究になってしまいます。Simple is the Best!です。

続いては、研究の設計図となる「研究デザイン」の選び方です。
>> 続きを読む