お気に入りに登録

【連載】看護・医療の今を知ろう!

第1回 エンゼルケアの新展開

取材 小林陽子

東京都健康長寿医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師

Yatwgtyctpqymwyl1322642941icon kango now in

いま、臨床で、死後の全身の変化を見通した適切な逝去時ケアのあり方が整理・工夫され始めています。ご家族がご遺体に触れ合える、そんな状態で見送られるように、看護サイドがご遺体に対してできることは少なくありません。今回は、その新しい動きを紹介します。


トータルケアとしてより深化させた取り組みへ

患者さんが病棟で亡くなられたとき、看護師としてその後どのようにかかわるか、それはとても大きなテーマです。ここ数年で「死後の処置」に代わり、 「エンゼルケア」という概念が定着し、亡くなった直後の患者さんに対して行うベッドサイドケアが、ご遺族へのケアとしても重要であると認識されるようにな りました。

しかし、救命や疾病の治癒、症状緩和などを主な対象とする医療機関でのエンゼルケアには、さまざまな課題が山積しているといえます。時間とマンパ ワーが限られた現実の中では、エンゼルメイクや綿つめの是非といった断片的な知識に焦点があてられることが多く、なかなかそこからの展開が見いだしにくいのです。

こうした状況を打ち破る発想として、より本質的でトータルなケアを模索するべきではないかという声が、ある看護現場から発せられ、少しずつ病院全体へ広がろうとしています。エンゼルケアのあり方が深化し始めたのです。

>> 続きを読む
ページトップへ