お気に入りに登録

【連載】初歩からわかる看護研究

Step20【看護研究】アンケート(その1)質問文と選択肢の作成ポイント

監修 富田真佐子

四国大学看護学部看護学科・教授

W1gctyqztzzy4twy1322554590icon kenkyu

これまで説明したように、概念枠組みに書いた研究疑問に対する「答え」の一つひとつが質問項目です。質問紙法はType1因子探索研究以外の研究で、最もよく用いられる方法です。概念枠組みから質問項目を抽出し、それぞれの測定方法を決め、質問文や回答の選択肢を作成します。今回は、質問文と選択肢の作成する際のポイントを説明していきましょう。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

概念枠組みから質問項目を抽出し測定方法を決定する

概念枠組みの中の何がデータ収集項目になるかについては、「データ収集する前の重要なステップ」「実践の研究で問題解決を目指す」でタイプ別に説明しましたので、ご確認ください。全てのタイプの研究に共通するのは、対象者の基礎データ(基本的属性)と研究疑問に対する答えです。

さらにType3関係探索研究では「誰々の○○に影響するものは何か」の「○○」、(「データ収集する前の重要なステップ」の例では「QOL」)、Type4比較研究は「原因があるか、ないか」とコントロール、Type5準実験研究ではコントロール、Type6実践報告は、実践状況の評価と問題解決の評価(実践によって問題解決できると期待できること)が、質問項目になります。Type5準実験研究の実測データやType6実践報告の実践状況の評価を表すデータなど、研究者が記入する用紙は調査票として作成します。

>> 続きを読む
ページトップへ