お気に入りに登録

【連載】モンゴル活動記

第2回 大変だけど大きな充実感 国際協力ボランティア

執筆 佐川香奈

看護師

Ttiemkpw57ykjzly1337671064icon mongol

新しい発見や出会いがあるのも国際協力ボランティアの醍醐味。今回は、慣れない環境やモンゴル語に奮闘する佐川香奈さんが、現地からの活動レポートをお届けします。


モンゴル1月の日中の様子

1月の日中。氷の彫刻は晴天でもとけず、きれいな形を保っている。

モンゴルに到着して

一番日本と違うと思ったのは気候。マイナス30度の世界は、思ったよりも寒くなく、日本よりも乾燥しているためか気温に対する寒さはそれほど感じません。

ただ、私はかなり重ね着して、ダウンコートや冬用のブーツを着用。それでも、じっとしていると足からゾクゾクするような冷えがやってきます。

積もった雪は日本のふわふわの雪とは違って、がりがりするような感じで、日が照っていてもマイナス10度後半。日照時間が短いので雪がとけることもなく、氷と化していきます。車道や歩道も凍っているのに、現地の人や車がすべらないのが不思議なぐらい。私はすべってこけました。

>> 続きを読む