お気に入りに登録

【連載】今度こそ「できる!」血糖コントロール

第7回 こんなときどうする? 妊婦さんの血糖値が高い!

解説 牧田善二

AGE牧田クリニック・院長

Kzyjzj4hqrsqhptq1340677241icon bs

妊婦さんは、ホルモンの影響で血糖値が上昇しがちです。妊娠中の血糖値の上昇は胎児にも大きく影響するので、血糖値の上昇には注意が必要です。また、糖尿病の患者さんが妊娠を望む場合は、しっかりとした治療計画に基づいた計画妊娠で患者さんをサポートします。


ケース3 妊婦さんの血糖値が高い!

妊婦さんの血糖値が高い時はこうする!

妊娠中には、卵巣や胎盤からプロゲステロンやHPL(ヒト胎盤性ラクトーゲン)などのさまざまなホルモンが分泌され、その影響でインスリン抵抗性が亢進し、インスリンの働きが悪くなって血糖値が上昇します。

健常な妊婦であれば、より多くのインスリンを分泌してその上昇を抑えますが、何らかの理由で膵臓の機能が低下している人は、高血糖に対応できず糖代謝異常に陥ることがあります。

妊娠中の血糖コントロールは、母体や胎児の合併症を予防するために、厳格に行わなければなりません。朝食前(空腹時)血糖値が70~100mg/dL、食後2時間血糖値が120mg/dL未満、HbA1Cが5.8%未満になるようにします。

治療には基本的にインスリンを用います。すでに経口血糖降下薬を服用している場合、胎児への安全性が確認されていない薬剤もあるので、インスリンに切り替えます。妊娠中期以降はインスリン抵抗性が増大するので、インスリンを増量し、分娩後は速やかに減量・中止します。

妊娠中の体重増加は、太っていない妊婦さんで8~9kg、肥満の人は5kg前後が適当とされています。

>> 続きを読む