お気に入りに登録

【連載】国際派ナースへのレシピ

第5回 "自分も守る"看護をする

執筆 バートン裕美

MSN,RN

3xdsknh69qjljzr81342665882icon wn

訴訟大国といわれるアメリカでは、医療の現場ではどのように対応しているのでしょうか。
今回は、アメリカで行われているディフェンシブ メディシンについてお話します。


ディフェンシブ メディシンとは

やや怖いお話になるかもしれませんが、医療訴訟のお話をします。医療訴訟の先進国アメリカでは、ディフェンシブ メディシン(Defensive Medicine) 自衛医療が行われています。医療訴訟が起こったときのことを予め考えて、診断のための検査をしたり治療をしていく医療の仕方です。

例えば、足の骨折で入院中で、低気圧が来ると頭痛に悩まされる人が患者さんでいたとします。入院中に同じような頭痛が起こり、頭痛薬を飲んでも効かなかったと医師に回診時に伝えると、CATスキャンをオーダーをするかもしれません。

これは、たとえ低気圧が来ると起こるおなじみの頭痛だ思われても、入院中の責任は主治医にあるため、血圧が高くなくとも、もしかしてこの患者さんが脳出血や脳梗塞になったかもしれないことを考え、これらの可能性を否定し医療記録に残す=証拠を残すために行われるのです。

中には常に飲んでいる薬を処方するだけの医師もいますし、それで解決する場合もあります。が、医療訴訟というのは大変なエネルギーと多額の賠償金が発生するため、なるべく巻き込まれたくない医師たちのほうが多いのです。

もし、この患者さんが実は脳出血の初期であったとし、発見が遅れ障害が残ったと訴えられた場合、CATスキャンをオーダーしていれば、そしてその結果がネガティブ 陰性であれば、医師は責務を果たしていると反論できるわけです。

ナースが行うディフェンシブ メディシンとは

このディフェンシブ メディシンは医師だけでなく、アメリカではナースもよく行っていることです。ナースの記録も訴訟では重要な役割を果たしますから、どのような行動を取り、処置をし、といった内容を記録して置くことが自分を守ることになります。

>> 続きを読む