【連載】今度こそ「できる!」血糖コントロール

第9回 こんなときどうする? 薬物療法を中断してしまった!

解説 牧田善二

AGE牧田クリニック・院長

Kzyjzj4hqrsqhptq1340677241icon bs

薬物療法を継続していくためには、患者さんが疾患や治療に対してどのように感じているかを知ることも大切です。日常生活において負担を感じているのであれば、その原因を解消できるようなサポートをしていきましょう。


ケース5 薬物療法を中断してしまった!

薬物療法を中断してしまったときはこうする!

薬物療法の中断は、1型糖尿病や若い人など昼にインスリンを打つ人に多く、周囲に糖尿病であることをオープンにしていないことが、その理由の一つに挙げられます。実際、中断してしまった会社員の男性は、会議中などには絶対に打たなかったと話していました。

また、意図的に打たない人もいます。この場合は、糖尿病であることを受け入れられないでいる以外に、使い捨てタイプの製剤の価格が高いという経済的な理由も見受けられます。

治療を中断してしまった場合には、まずその理由をきちんと聞くことが大切です。理由がわかったら、その解決方法を患者さんと一緒に考えていきます。

前述の例でいえば、お昼に会社でインスリンが打てない場合、CSIIを導入すれば24時間持続するので、1日に数回の注射は不要となり、中断を免れることができます。あるいは、医師に相談して昼のみ経口薬だけにするなどの方法もあります。また経済的な理由であれば、入れ替え式のカートリッジタイプに変更する方法もあります。

一方、病気を受け入れていない人に対しては、それまでの生活を振り返りながら、いつ頃から治療が嫌になったのか、治療の必要性を理解しているのかなど個室でゆっくり話を聞きます。どうしてもインスリン注射が嫌ならば、経口薬による治療を検討します。

それが可能であれば、しばらくそちらを選択し、その代わり食事療法と運動療法をしっかり管理する方法もあります。そして「私は合併症になってほしくない」などのI(私の)メッセージを入れながら、お互い歩み寄る工夫をします。

いずれにしても、それぞれの患者さんが、どのような方法であれば中断することなく治療を継続できるか、そのための選択肢を準備し、患者さん自身が選択できるような形で指導していくことがポイントです。

そのためには、患者さんがインスリンを打てないでいることを話せる雰囲気づくり、関係づくりも大切です。「あなたが受け入れてくれるのを待っている」「いつも気にかけている」といったメッセージを積極的に伝えていきましょう。

次ページでは、薬物療法を中断してしまう理由と指導法について説明します。