【連載】今度こそ「できる!」血糖コントロール

第10回 こんなときどうする? 経口薬を飲み忘れ・飲み間違えてしまった!

解説 牧田善二

AGE牧田クリニック・院長

Kzyjzj4hqrsqhptq1340677241icon bs

経口薬療法は、「飲まされている」という意識ではなかなかうまくいきません。まずは、患者さん自身に「自主的に飲んでいる」「自らが治療に参加している」という意識を持ってもらうことが重要です。そのためには、経口薬療法や薬剤に関する知識を正しく理解してもらうことが第一歩になります。


ケース6 経口薬を飲み忘れ・飲み間違えてしまった!

経口薬を飲み忘れ・飲み間違えてしまったらこうする!

万一飲み忘れてしまったときのために、患者さんが自ら行う対処方法を指導しておくことは大切です。

食後に服用するビグアナイド薬は、基本的に、食後に限らず服用してもかまいません。食直前に服用して食直後に効果が出現する、あるいは食事と混在して効果を発揮する、速効型インスリン分泌促進薬やα-グルコシダーゼ阻害薬は、食中・食直後までの間であれば飲み忘れに気が付いた時点で服用しても大丈夫です。

しかし、食後時間を経過してから服用すると、低血糖症状を起こす可能性があるので、そのときは服用しないこと、次回服用時に2回分飲まないことなどを伝えます。

薬剤によっては、決められた時間以外に服用したときの弊害があることを、きちんと理解してもらうことが重要です。

飲み間違えについては、単純に薬剤を取り違えてしまうのか、薬剤に対する理解が間違っているのかなど、その理由によって対応は異なってきます。

前者の場合は、1日量を飲む順番に合わせて分類できるケースを利用したり、1日分を小分けするなどの方法が有効です。

また、理解に誤りがあるときは、薬剤師などの協力を得て、写真付きの薬剤情報説明書を活用し、飲む順番を確認・整理するとよいでしょう。

その上で、それぞれの薬剤にどのような作用と特徴があるか、あらためて患者さんと確認することが必要です。間違える薬剤によって、低血糖状態になることもあるので、自分が飲んでいるそれぞれの薬剤が、どの時間帯の血糖値を下げるために飲んでいるのか、どの臓器に作用しているのかなどを理解しておくことが大切になります。

さらに、飲み合わせに注意が必要な薬剤についても説明しておく必要があります。例えば、低血糖を引き起こしやすいSU薬や速効型インスリン分泌促進薬とほかの経口血糖降下薬の併用によって、低血糖症状が悪化することがあります。それぞれの薬の作用・特徴を看護師自身も把握し、患者さんに伝えていくようにします。

次ページでは、経口薬の飲み忘れ・飲み間違えてしまう理由と指導法について説明します。