お気に入りに登録

【連載】初歩からわかる看護研究

Step27【看護研究】わかりやすく伝わる論文の書き方

監修 富田真佐子

四国大学看護学部看護学科・教授

W1gctyqztzzy4twy1322554590icon kenkyu

いよいよ看護研究もまとめの段階に入りました。今回からは「論文の書き方」について説明します。論文とは文字通り、課題について論じ文章として書き記すものです。あなたの考えを思いつくままに書き綴るのではありません。

研究論文は、どのような研究を行って、どのような結果が得られたのか、読み手に正しく伝わるように順序立てて、分かりやすく書きましょう。これまでに書いた研究計画書や概念枠組みを基に書いていくと効率よく進みます。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

読者に内容が伝わりやすい論文の構成要素

論文の構成は、投稿する学会誌によって異なりますが、「はじめに」「方法」「結果」「考察」を基本的な柱にしています(図)。

読者に内容が伝わりやすい論文の構成要素

論文タイトル(題名)

タイトルは、研究内容を表すものでなければなりません。研究内容を表すようにするコツは、研究目的に合わせることです。タイトルを読んだだけで、誰にどんな目的で何を明らかにした研究なのかが想像でき、内容とピッタリあっていなければなりません。タイトルは、長くなるようだったら副題をつけます。

はじめに

「はじめに」は、論文の冒頭に前置きとして、研究する目的の根拠を示す部分です。「背景」「動機」「意義」「文献検討」「研究目的」「用語の操作的定義」の順に書くと話の筋が通りやすくなります。

>> 続きを読む