お気に入りに登録

【連載】今度こそ「できる!」血糖コントロール

第12回 こんなときどうする? インスリン注射がタイミングどおりにできない!

解説 牧田善二

AGE牧田クリニック・院長

Kzyjzj4hqrsqhptq1340677241icon bs

インスリン療法で血糖コントロールを維持していくためのカギは、日々の生活の中で、いかにインスリン注射を決められたタイミングで打ち、継続していくかです。そのためにも、インスリン製剤に対する理解を深めてもらい、生活の中で無理なく、モチベーションを高く保って継続できるようなサポートを行うことが大切です。


ケース8 インスリン注射がタイミングどおりにできない!

インスリン注射をタイミングどおりにできないときはこうする!

指示どおりに注射ができる環境であるのに、タイミングを間違ってしまうという場合には、まず患者さん自身が、自分の使用しているインスリン製剤が、どのタイプにあたるのか、再確認する必要があります。

指示されたままに機械的に注射を行っているようなケースでは、順番を勘違いしてしまうことも少なくありません。実物を手に取って薬剤名とタイプを読み上げるなど、患者さんと一緒に確認しながら、その特徴についても理解してもらえるよう説明することが必要です。

このケースの原因をチェックしよう!

□インスリン療法をきちんと理解していない。
□使用しているインスリン製剤がどのタイプかわからない。
□定期的に注射を行えない要因がある。
□介助なしで注射ができない。
□注射することに不安・恐怖感がある。
□インスリン製剤に経済的負担を感じている。

>> 続きを読む
ページトップへ