お気に入りに登録

【連載】初歩からわかる看護研究

Step29【看護研究】パワーポイントで発表資料を作る

監修 富田真佐子

四国大学看護学部看護学科・教授

W1gctyqztzzy4twy1322554590icon kenkyu

研究成果がまとまったら、いよいよ発表の段階です。今回は発表資料であるスライドの作り方を紹介します。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

パワーポイントでスライドを作る場合の注意点

いよいよ発表の準備に入ります。発表の形式には口演発表、示説(ポスター)発表、誌上発表があります。口演発表は、Power Pointなどを用いて口頭で発表します。一度に大勢の人に向けて発表することができます。

示説発表は、プリントした資料をパネルなどに掲示し、その前でプレゼンテーションや質問を受け付けます。実践報告などで、実際の看護用品の紹介、ツールやアセスメントシートなど、スライドでは表しにくいものは、示説発表が向いています。また、聞き手とその場でディスカッションできるという利点もあります。

誌上発表は、雑誌や学会誌などに論文を載せて発表する方法です。発表の場にいない人にも読んでもらうことができ、文献として残すことができます。

最近は、院内発表でもPower Pointを用いてスライドを作成し、パソコンとプロジェクターを使って発表するのが一般的になってきました。発表スライドを作成する前に論文を仕上げ、そこから重要なところをピックアップしてスライドにしていきましょう。

口演でも示説でも、スライドの数は10枚程度にします。構成は論文と同じです。「タイトル」「はじめに」「研究目的」「研究方法」「倫理的配慮」「結果」「考察」「まとめ」の順にします。さらにType6実践報告では、研究方法を実践についての説明と評価方法に分けてください。(図)。

スライドの構成例

>> 続きを読む