お気に入りに登録

【連載】大切な人を亡くす子どもへのケア

第13回 子どもの心に寄り添う心理療法士の役割(前編)

監修 廣岡佳代

訪問看護パリアン訪問看護師 聖路加看護大学看護実践開発研究センター客員研究員

執筆 白石恵子

九州がんセンターサイコオンコロジー科 心理療法士(臨床心理士)

Ico childcare a1

心理療法士は、子どもを含めたさまざまな心の反応に関する知識と心理的アプローチの技術を身に付けた心の専門家です。

病気の親をもつ子どもに対しては、まずは主治医や看護師からの依頼を受けて、子どもの理解の仕方やかかわり方をスタッフにアドバイスするほか、状況に応じてカンファレンスで今後のかかわりについてスタッフと話し合ったり、患者さんの子どもと直接会うといったかかわりを行います。


心理療法士が大切にしているもの

[1]子どもたちとの信頼関係を作ること

子どもたちはそれぞれの年齢に応じた言葉を使ってコミュニケーションをとっていますが、大人に比べると言葉での表現ははるかに未熟で、気持ちを表現することは非常に困難です。

そのため子どもに会ったときは、言葉以外のメッセージを観察し、その子から自然に出る表現から今の心理状態を知るようにしています。子どもたちそれぞれを、より正確に理解することで、次第に心を開いてくれるのです。

[2]そっと側にいる姿勢

医療スタッフは何かをしてあげたいという気持ちが強く、何もせずに子どもたちと一緒にいるだけでは不安になりがちです。しかし、子どもたちにとっては、「誰かが側にいてくれる」という感覚があるだけで心強いものですし、その静かな時間は子どもが考えていることを引き出すために大切なものです。

>> 続きを読む