お気に入りに登録

【連載】学会・セミナーレポート

「電子教科書」は看護教育の”秘密兵器”になれるか

8wqrksmmslz9y3wj1353921209icon densibook sm

タブレット端末を使った実験がスタート

「はじめまして。私は、○○××です。この病院には1週間前から入院していて……」

教科書をタップすると、患者さんがこのように自己紹介を始める。学生は動画を見て、アセスメントに必要な情報をタブレットにメモしていく――。

こんな学習がスタンダードになるかもしれません。

大阪府立大学とシャープは、同大学看護学部3年次生92人を対象に、タブレット端末を活用した電子教科書の実証実験をスタートさせました。

本実験で使用されているのは、約24時間の連続使用が可能で、800グラム弱と携帯性にすぐれているシャープ製タブレット端末(Android2.3、タッチパネル対応10.1型液晶)。

実験期間は2012年10月から2013年7月までの予定で、臨地実習時に通学機会が減る学生に対して、効果的な自己学習の環境を構築するのがねらいです。

履修要綱を網羅した2000のコンテンツ

収録されているコンテンツは、市販されている17冊の専門教科書のほか、同大学看護学部が独自開発した看護事例、看護技術の動画など約2000種類(表参照)。看護学校での学習要綱をほぼ網羅した充実の内容になっています。

表 電子教科書に内蔵されているコンテンツ 電子教科書に内蔵されているコンテンツ

大阪府立大学は、看護技術の動画コンテンツを携帯型ゲーム機のPSP(プレイステーション・ポータブル)で閲覧するという取り組みも行っていますが、PSPとの違いはどこにあるのでしょうか。PSPと電子教科書、双方のコンテンツ開発にあたった中村裕美子教授(看護学部)はこう語ります。

「PSPのコンテンツを開発したときは、容量などの問題で看護技術の動画と知識カードのコンテンツしか搭載できませんでしたが、このタブレットは、事例学習、国家試験の過去問題など、幅広いコンテンツを搭載することができました。教育効果も高いのではと期待しています」

なるほど、ICT技術の向上によって搭載できるコンテンツがリッチになった、というわけです。

PSPのコンテンツ写真

事例学習の1ページ。
登場人物が動画で自己紹介をするなど、細かいところまで作りこまれている。

ページトップへ