お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 アラーム対応のキホン

気道内圧上限アラームの原因と対応

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

Kzkxkzdrjgfdjtyq1377610773zinkoukokyuuara mutaiou

メーカーや機種によって、表示も名称も異なるのが人工呼吸器のアラーム。たくさんの種類をすべて記憶するのは大変難しいことです。

そこで、人工呼吸器にとって主要なアラームをピックアップし、原理原則と対応の基本をまとめました。


【目次】

※「対応の原理原則」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


どんなアラーム?

気道内圧が設定値を超えて上昇したことを示します。アラームが作動すると、気道内圧の上昇を止めるために人工呼吸が中断し、回路が開放されて、気道内圧が下がります。

人工呼吸器側の原因として考えられるのは、呼吸回路のどこかの閉塞です。ベッドの頭側を下げたり体位変換をした際に、蛇管などがベッド柵や患者さんの体に挟まったり、折れ曲がって閉塞することがあります。痰や血液が気管内チューブに溜まり、詰まってしまうこともあります。

患者さん側の原因として多いのは、ファイティングやバッキングです。自発呼吸と換気の設定の不一致、痰の貯留、気管内チューブや分泌物による刺激、カフ圧の低下で痰や唾液が気管内に垂れこむ、気道の乾燥、喘息発作、疼痛、不安や恐怖などが原因となります。

鎮静が不十分なためチューブを噛んでしまうことも閉塞の原因になります。また、病態が悪化して肺コンプライアンスが低下したことも考えられます。

アラームの設定が低すぎる、1回換気量が多すぎることなども原因になります。

対応の原理原則

呼吸回路のどこかがベッド柵などに挟まったり、折れ曲がっていないかを確認し、異常があれば対応し、気道内圧が正常になるかを確認します。

>> 続きを読む
ページトップへ