お気に入りに登録

【連載】初歩からわかる看護研究

Step10【看護研究】倫理的配慮のポイント

監修 富田真佐子

四国大学看護学部看護学科・教授

W1gctyqztzzy4twy1322554590icon kenkyu2

前回では、研究計画書における倫理的配慮ついて解説しました。今回からは看護研究における倫理的配慮について、もっと詳しく解説していきます。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

意義や必要性がない研究は倫理に反する

倫理については看護における課題として、長年注目されてきました。看護研究においても、近年特に厳しく患者さんの権利や尊厳を守るということが、重視されています。

私たち看護職はいつでも患者さんの立場に立ち、患者さんを守ることを当然のこととしています。研究においても、患者さんに苦痛を与えたり、権利を侵害したりする気持ちは全くありません。

しかし、気がつかないうちに対象者に、何かしらの不利益を与えてしまうということは、残念ながら起こりうることです。ですから研究を行う上でも、細心の注意を払っていかなければなりません。

看護研究を行う場合には、研究の準備を始める段階から論文を発表するまで、あるいはその後それを実践に活かすまで、全てのプロセスにおいて、倫理的配慮を徹底する必要があります。

それでは、具体的にどんなことに注意していけばよいのか、説明していきましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ