お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 アラーム対応のキホン

呼吸回数(換気回数)上限アラームの原因と対応

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

Kzkxkzdrjgfdjtyq1377610773zinkoukokyuuara mutaiou

メーカーや機種によって、表示も名称も異なるのが人工呼吸器のアラーム。たくさんの種類をすべて記憶するのは大変難しいことです。そこで今回からは、人工呼吸器にとって主要なアラームをピックアップし、原理原則と対応の基本をまとめました。


【目次】

※「対応の原理原則」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


どんなアラーム?

呼吸回数が設定値を超えたことを知らせるアラームです。呼吸回数が増えるということは、呼吸筋の仕事量が増大し、疲労を来す可能性を示しています。同時に、1回換気量が減少し、死腔だけにガスが出入りする状態になる可能性もあるので注意が必要です。

原因として第一に重要なのは、呼吸状態の悪化です。人工呼吸器をつけているのに呼吸が楽になっていないのですから、病状の変化に合わせて人工呼吸器の設定を変更する必要があります。

不安や疼痛、発熱、興奮などによって一時的に呼吸数が増加している場合は、その理由を探り、鎮静薬や鎮痛薬の投与、安静、不安の軽減、冷罨法などの治療・ケアを行います。

対応の原理原則

ファイティングやバッキングがあり、咳があると呼吸回数としてカウントしてしまうためにアラームが鳴ることがあります。換気の設定が患者さんの状態に合っていなければ設定を変更します。気道内の分泌物や気管チューブなどによる刺激の有無を確認し、必要に応じて気管内吸引などの処置を行います。

>> 続きを読む
ページトップへ