お気に入りに登録

【連載】新人応援BOOKSプロジェクト

患者さんに困った質問をされたとき、 どうしてる?

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo

Tq6cykxrq3yzwjzt1353556227icon sinjin

患者さんから答えにくい質問をされたり、即答できない質問をされたり、わからないことを質問されて調べに戻りたいとき、先輩ナースたちはどう患者さんに伝えているかを聞きました。

はぐらかさずにきちんと伝える

この"困った質問"というのは、大まかに分けると2種類あって、1つは患者さんの病状や薬、治療、ケアなど医療に関すること。もう1つは、プライベートな質問です。まずは、患者さんの身近にいるナースがよく質問されそうな、医療に関する質問をされたとき、どうしているのかを紹介。

圧倒的に多かったのが、正直に「確認してからお伝えします」「調べてきます」と答えるという意見。変なはぐらかし方をすると患者さんとの信頼関係を損ねてしまうというのと、正確に伝えたいという気持ちから、きちんと伝えているようです。また、時間がかかりそうなときは「お時間をください」などと伝えるとよりよさそうです。

いずれにしても、患者さんの質問は不安の表れであることが多いので、きちんと対応することが大切なようです。

それでは実際に先輩たちがどんな言いまわしで伝えているのか、いくつか紹介します。

>> 続きを読む
ページトップへ