お気に入りに登録

【連載】アメリカで働く! オンコロジーナース

第1回 患者さんと近づくことができる、がん看護

執筆 ファウラー実絵

アメリカ看護暦6年

Xd4eyweqfzwzaty81359442747icon oncoro

毎年さまざまな化学療法そして他の治療法が開発・発展されているがん治療、それにかかわるナースとしてどのように今のトレンドを学び、それぞれの薬、副作用、治療法をナースから患者さんそして家族に伝えてあげられるかが、今のがん看護に必要だとされています。

それぞれの治療法についてドクターがナースに望むこと、ナースの役割などを4回に分けて説明していきます。


患者さんと近づくことができるがん看護

私ががん看護を選んだ理由は、看護学校時代の教授の一言でした。

「がんの患者さんとは家族のような関係を築けますよ」

単身で渡米して以来、友達はたくさんできたけれど、"家族のような関係"を持てる人はとても少なく、この一言がずっと心に残っていました。

看護学校最後の学期の実習でもがん病棟を選び、そこで実際のナースが病床で行うことをたくさん学んだ後、患者さんと本当に近づける、がん看護が私に一番適していると思いました。アメリカのナースは看護学校(大学)を卒業する時点で、ほぼ専門を決めています。

>> 続きを読む