お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 換気モードのキホン

【人工呼吸器】換気モードの量規定と圧規定

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

B67f7d4c17669cee20ce10d5b815821b

患者さんが楽に呼吸ができるようにサポートしていくことが看護師の重要な役割の一つ。そのためには、どんな呼吸をしているのかを把握しなければいけません。人工呼吸器装着下で患者さんの呼吸をどのように補助するのか、それを決めているのが換気モードの設定です。


【目次】

※「量規定 VCV:Volume Control Ventilation」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


“ どのくらい” の基準を決める量規定と圧規定

人工呼吸器の換気モードは、患者さんの自発呼吸の有無や状態によって選択されます。そして強制換気時にどのくらいガスを送るか、その“どのくらい”を量によって設定するのか、圧によって設定するのか選択されます(換気モードによっては圧だけの場合もある)。各モードの解説に入る前に、この量規定と圧規定について解説しましょう。

簡単にいうと、例えば、1回換気量が500mLといった場合、1回換気量500mLを送気すると決めるのが「量規定」、圧の値を決めて送気した結果、1回換気量が500mL得られたのが「圧規定」です。つまり、量を決めて送気するのか、圧を決めて送気するのかという違いです。

>> 続きを読む
ページトップへ