お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 換気モードのキホン

【人工呼吸器】CPAPの特徴と設定項目

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

B67f7d4c17669cee20ce10d5b815821b

患者さんが楽に呼吸ができるようにサポートしていくことが看護師の重要な役割の一つ。そのためには、どんな呼吸をしているのかを把握しなければいけません。人工呼吸器装着下で患者さんの呼吸をどのように補助するのか、それを決めているのが換気モードの設定です。


サポートレベルごとに覚えるキホンのモード

換気モードの呼び名は、人工呼吸器の機種によって異なったり、分類の仕方によって解説書ごとに異なることもあるため、しばしば混乱を招きます。基本となるモードのガスの送り方を理解して、自分が使っている人工呼吸器のモードと対応させてみましょう。ここでは患者さんへのサポートレベルによって、4つの換気モードに分類して解説します(図)

サポートレベルによる換気モード

(図)サポートレベルによる換気モード

CPAP Continuous Positive Airway Pressure――持続的気道陽圧

「CPAP(シーパップ)」は、最も単純なサポートです。自発呼吸は十分にあるけれども、患者さんの酸素化が不十分なときに自発呼吸にPEEP(ピープ)をかけ、吸気の全過程で、気道内圧が陽圧になるように保ちます。人工呼吸器からの離脱(ウィーニング)直前にも使われます。

>> 続きを読む