お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

喀血・吐血とは?原因と鑑別、看護のポイント

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

Ico physical b

喀血も吐血も「口から血が出る」症状を呈します。 しかし、喀血は呼吸器から、吐血は消化器からと、出血源も原因も異なります。 患者さんの症状がどちらなのかを見極められるようになるため、まずは喀血と吐血の基本知識を身につけましょう。


【目次】

※「喀血・吐血とは?原因は?」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


喀血・吐血の基礎知識

「口から血が出る」のは喀血・吐血だけではない

喀血・吐血の場合、患者さんは「口から血が出た」と訴えます。しかし、目に見える症状は「口から血が出る」と同じようでも、吐血と喀血・血痰、飲み込んだ鼻血、さらに歯槽膿漏などの口腔からの出血など、出血源も原因もさまざま。

ここでは喀血と吐血について取り上げますが、患者さんから「口から血が出た」と言われたら、喀血、吐血だけではなく鼻血、口腔からの出血も想定します。

ここで「口から血が出る」2大症状の基本知識をおさらいしておきましょう。

喀血とは、気管や気管支、肺などの呼吸器系の器官からの出血で、咳などによって血液を吐き出すことです。吐血とは食道や胃、十二指腸などの消化器系の器官からの出血で、嘔吐反射によって血液を吐き出すことを指します。

ここで注意したいのは、高齢の患者さんが「喀血した」と訴えた場合です。高齢者の世代では、若いころに結核が蔓延していたため、「口から血が出る」イコール喀血と刷り込まれていることが多いからです。

患者さんの訴えを鵜呑みにしないで、必ず看護師自身の五感と知識と経験を生かし、喀血か吐血かの鑑別および出血源や原因を精査しましょう。

>> 続きを読む