お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

痙攣とは?痙攣の種類と原因、アセスメントのポイント

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

Ico physical b

自分の身体の動きをコントロールできない。そんな症状の一つが痙攣です。脳もしくは神経伝達ルートのどちらかに原因が潜んでいます。

患者さんからの訴えがあったときに、どんなことを想定してアセスメントをすればよいのか、基本的な知識を解説します。


【目次】

※「痙攣のメカニズムと原因疾患」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


痙攣の種類と原因・メカニズム

痙攣とは?痙攣の種類

痙攣の様子を適切につかむ

身体が動く運動には、随意運動と不随意運動の二つがあります。例えば自分の意思で顔面や手足を好きなように動かすのが随意運動で、自分の意思とは関係なく動くのが不随意運動といえば分かりやすいでしょうか。

今回のテーマである痙攣という症状は、筋肉が全身または部分的に不随意に収縮する発作的症状です。例えば、健康な人でも経験するこむら返りもその一つです。これはふくらはぎの筋肉が痙攣するもので、「足がつる」ともいいます。

このように痙攣というと、「つる」「ひきつれる」といった筋肉が緊張してこわばった感じの表現や「ぴくぴく」「ひくひく」という筋肉の収縮と弛緩の反復を示す擬態語が用いられることが多いのではないでしょうか。しかし、こうした一般的な言い回しは、痙攣の一面を表していることにすぎません。

痙攣は全身性と顔面やまぶたなど部分的に起こるものに分けられます。

また、全身性の痙攣は
・間代性痙攣
・強直性痙攣
に大きく分けられます。

痙攣が起こったという訴えに接した場合には、一般的な言い回しに引きずられないで、筋肉の収縮と四肢の様子を適切に把握するように努めましょう。

なお、痙攣発作が異常に長く続いたり、短い間隔で頻発する状態を痙攣重積状態といいますが、後遺症が残ったり、死に至ることもある重篤な状態なので注意が必要です。

痙攣のメカニズムと原因疾患

>> 続きを読む
ページトップへ