お気に入りに登録

【連載】がん患者さんへの言葉かけトレーニング

第3回 【がん】告知から治療方針の選択時に抱えるストレス

監修 川名典子

杏林大学医学部付属病院看護部 精神看護専門看護師

Monshin roujin

告知から治療方針が決定するまでは、受け入れがたい現実に対して、否認、怒り、楽観などの反応が現れる時期です。がん患者さんの抱える問題は、個々の社会背景などによってさまざまですが、いつでも支援できることを伝えておきたいものです。


告知~治療方針の選択時に抱えるストレス

がんという診断は、患者さんに大きな驚きを与えます。かつては、「がん=死」というイメージがありましたが、最近では治療法が進み、50%は生存・ 治癒するといわれているので、昔ほどの衝撃ではないかもしれません。

ただ、それはあくまでも早期がんの場合です。それ以外のケースでは、予後は厳しい内容 になります。告知の際に今後の経過がある程度予測され、患者さんにとっては、いきなり人生の終焉に向き合うことになります。

こうした事態は、多くの患者さんにとっては受け入れがたいことです。衝撃的なニュースを聞いたときには心の防衛機制が 働いて、「診断ミスではないか」などと否認することもあります。

そのほか、「健康には気を付けていたのに、なぜだ」と理不尽に怒ったり、「もうだめだ」と 絶望に打ちひしがれたり、「きっといい治療法が開発されるはずだ」と根拠なく楽観したりするのも同様の機制によるものです。

>> 続きを読む