お気に入りに登録

【連載】基礎からわかる精神科看護

第1回 精神看護とは?精神看護の基本

監修 医療法人財団青溪会 駒木野病院

精神科専門病院

D374d95049b72c086bb3dc28ad53211f

精神障害者の捉え方

今回から全11回にわたって、精神看護の基本から、各症例ごとの看護の方法、スキルについてご紹介させて頂きます。 まず、精神障害者に代表される疾患は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律によると「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者。」と定義されているが、医学的概念だけでは捉えることができない側面があり、文化的、社会的要因や長期に及ぶ制限された入院生活によって生じた生活障害の側面も持っています。 精神障害者は、「障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿である」というノーマライゼーションの考え方を基に、看護師は人権擁護とQOLを高めるような看護を実践し精神障害者が自分らしい生きかたを出来るよう支援することが重要です。 現在は精神障害者の社会復帰、自立と社会参加の促進の為、入院から退院後の生活まで広い視野から援助することが重要視されています。


この連載の記事
第2回 幻覚患者の看護とは
第3回 妄想患者の看護とは
第4回 せん妄患者の看護とは
第5回 抑うつ感情の患者の看護とは
第6回 興奮状態の患者の看護とは
第7回 拒絶的な患者の看護とは
第8回 引きこもり(無為自閉)状態の患者の看護とは
第9回 自殺・自傷行為がある患者の看護とは
第10回 不眠症の患者の看護の仕方
最終回 認知症患者の看護の仕方


精神機能の障害

精神機能の障害は、身体的な病気のように科学的な根拠に基づいた医学的な観点から看護アプローチを行うことよりも、その人が体験している様々な状態に主眼を置くことが必要となります。
精神疾患に代表される統合失調症の場合、発症初期の急性期の症状である幻覚・妄想、精神運動性興奮などの陽性症状が軽減した後に意欲の低下、感情の平板化、思考判断力や疎通性の低下など陰性症状とよばれる精神機能の障害を残すことが多く、これらの症状によって人間関係が崩れ、しだいに生活障害へと繋がっていくことがあります。
代表的な陽性症状
幻覚・妄想 精神運動性興奮、強いイライラ 陰性症状:感情鈍磨、感情の平板化 意欲・自発性の低下、思考貧困、ひきこもり

続いて病気の代表的な経過について解説します。

>> 続きを読む
ページトップへ