お気に入りに登録

【連載】悩みは成長のモト

第1回 患者さんの回復が大きなやりがい

取材 阿部晃二

九段坂病院 整形外科病棟勤務

Pt6crgzstyrlx2cz1364435252icon nayami

仕事に壁や悩みはつきもの。とはいえ、実際に壁や悩みにぶつかると、つまずいているのは自分だけなのではないか、こんなことで悩む自分はダメなのではと思ってしまいがち。このコーナーでは、仕事での壁や悩みを乗り越えて、力強く成長する看護師のインタビューをご紹介します。


患者さんに寄り添う看護を

千鳥ヶ淵、靖国神社、日本武道館などに囲まれ、都心にありながら、豊かな緑に囲まれた九段坂病院。その5階にある整形外科病棟に勤務するのが、阿部晃二さんです。

「同病棟では、生活する上での障害を取り除き、満足度・幸福度を上げたいと手術を受ける患者さんが多い」と阿部さん。「手術をしたら元気になれる」と手術に対して望みが高い患者さんも多いのだとか。

とはいえ、もともとの病気の状態や、リハビリがなかなか進まないケースもあり、理想と現実のギャップにジレンマを感じる患者さんもいて、声掛けや対応には気を遣うと言います。

「例えば、術後の患者さんの離床に関わる際には、今日はどこまでできればよいのか、患者さんと一緒にゴールを決めて、クリアすることを目指します。そして、クリアできた時には、患者さんと一緒に喜ぶことを心掛けています。」

このように、誠意をもって対応することで、患者さんの表情や態度も変わってくるそう。

回復した患者さんから短歌や手紙を手渡されることもあり、「自分の仕事や働きかけが、患者さんの回復につながることに、大きなやりがいを感じる」と話します。

阿部さんの写真

新人時代、自身の知識不足や慣れない環境にカルチャーショックを受けたものの、「看護師長や先輩が作る病棟の空気に助けられて、乗り越えられました」と話す阿部さん。

(次のページでも引き続き、インタビュー記事をお送りします)
>> 続きを読む

ページトップへ