お気に入りに登録

【連載】新人ナースへのエール!

第2回 ようこそ新人ナース・贈る言葉

執筆 高見沢裕

渋谷区医師会附属看護高等専修学校 名誉校長

Undoukai ouen boy red

第2回は、渋谷区医師会附属看護高等専修学校名誉校長の高見沢裕さんです。多くの看護学生を育成、医療現場に送り出す一方で、院長として新人ナースを迎える立場でもあります。ご自身が苦しいときに乗り切る力をくれたという、大切にしている言葉を紹介してくれました。


新人ナースに贈りたい言葉

新しく難関の資格試験に合格され、この4月より前途洋々の道を歩き進まれる新人ナースの方々に祝福を申し上げます。

看護師の資格をとられた皆さん方は新しい職場に就職され、更に医療の現場に於いて高度な知識と技術を磨かれて行くと思います。医療技術は日進月歩です。看護学校を卒業されても勉強はこれで終了という訳では無く、これからも病める人々の為に一層の努力をしていただきたいと思います。

しかしながら、学校にしろ現場にしろ、そこには喜びと期待と共に必ず多くの疑問や不可解なこともあると思います。私自身も喜びと共に不安、疑問、失望等の苦悩がありました。

それらを乗り切るために、私は私なりに一つの文章を心に念じて前途に向って将来を開拓して行ったのです。その言葉を、私は今も座右の銘としています。

「人間万事塞翁が馬 禍福は糾える縄の如し」という言葉です。

※次ページでは言葉の意味について紹介します。

ページトップへ