お気に入りに登録

90歳以上でも股関節置換術は安全

2dec6839aedf617db8b043981909a6f0

社会の高齢化に伴い、人工股関節置換術を必要とする高齢者がますます増えると考えられるが、手術は何歳まで可能なのだろうか。

米カイザー・パーマネンテ(ロサンゼルス)の整形外科医Alexander Miric氏が率いた新たな研究で、90歳以上の患者183人と、90歳未満の患者4万3,000人強に実施した股関節置換術を比較した結果、同等の成果が認められたという。

この知見は、米ニューオーリンズで開催された米国整形外科学会(AAOS)年次集会で発表された。股関節置換術は1960年から実施されており、米国医療研究品質局(AHRQ)によると、米国では年間約28万5,000件の人工股関節全置換術が実施されているという。

今回の研究では、関節全置換術の登録簿から収集したデータを用い、2001年4月から2011年12月までに実施された股関節置換術について分析。80歳未満、80~89歳、90歳以上の3つの年齢層について、入院期間の長さ、術後の合併症、死亡率および術後90日間の再入院率を比較した。

>> 続きを読む