お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

【腰・背部の痛み】原因とアセスメント・看護のポイント

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

Ico physical b2

患者さんからの訴えでよく見られるものの一つが、この腰・背部の痛みです。腰・背部はひと続きの広い範囲なので、痛みがどこにあるのか確定することが大切です。また、腰・背部痛は、生命危機と直結する重篤な疾患に起因していることがあるので注意しましょう。


【目次】

※「患者さんの訴えから原因リストを想定する」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


まずは、これを考えよう!

骨、筋肉、内臓そして皮膚という4つの視点から考える

腰・背部はひと続きの広い範囲です。「背中が痛い」と訴えながら肩を指し示したり、腰を指し示したりする例も少なくありません。そこで、最初に、ここでは「腰・背部」を「首の下から腰まで」と限定しましょう。次に、この広いエリアを考えるときの分け方として、骨、筋肉、内臓そして皮膚という4つの視点に立ってみてください。この4つが痛みに関係してきます。
まず、骨から見ていきましょう。このエリアを縦に貫いているのが7個の頸椎と、12個の胸椎、5個の腰椎がひとつながりになっている背骨です。そして、それぞれの胸椎には左右1対の肋骨が連結しているので、12対の肋骨が、肺や心臓などの内臓を保護しているわけです。
これらの骨が、外傷による骨折や加齢に伴う変形、あるいは何らかの原因で炎症を起こすと、腰・背部に痛みが生じることがあります。
肋骨で保護されている肺や心臓の近くには、肝臓や膵臓、腎臓、胆のう、胃、食道など、さまざまな内臓が集まっています。これらの臓器が障害されると、そのサインとして腰・背部の痛みが現れることがあります。
例えば、背中側の下のほうには腎臓などの内臓があるので腎盂腎炎の場合に、胃の裏側には膵臓があるので膵炎などの場合に、背中に痛みが伝わることがあります。
また、肩、背中や腰などの痛みであるコリの情報と内臓の痛みの情報は、どちらも同じルートを通って脳へと伝えられます。そのため、脳が筋肉の痛みと内臓の痛みを取り違えてしまうという現象が起こります。心筋梗塞の発作で肩が痛いという放散痛も、その一例です。
腰・背部の筋肉には、首や肩からつながっている僧房筋や広背筋、腰椎を支えている大腰筋などがあります。不自然な姿勢を続けたり、筋肉を酷使するようなことがあったり、ストレスでも痛みが生じます。
さらに、身体の表面すなわち皮膚の疾患でも、痛みを生じます。

患者さんの訴えから原因リストを想定する

腰・背部の痛みを症状とする原因疾患は、大きく4つに分けられます(下表)。

>> 続きを読む
ページトップへ