お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

【めまいの看護】めまいの原因・種類とアセスメントのポイント

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

Ico physical b4

めまいを感じた場合、患者さんがよく口にするのが「くらくらする」や「ぐらぐらする」などの訴え。このような抽象的な症状の表現を精査して、どの部分にどのような障害が起こっているのかを推定するのがポイントです。


【目次】

※「めまいが起こるメカニズム」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


まずは、これを考えよう!

めまいの原因は多岐にわたっている

私たちが身体のバランスを失わずに動けるのは、目から得る視覚情報、平衡感覚をつかさどる内耳や三半規管からの信号、そして筋肉や関節の深部知覚に手足の位置や関節の向きを伝える情報を、脳で統合し、自分の動きや姿勢を認識しているからです。
めまいとは、このような器官やルートのどこかに問題が起こり、身体の平衡感覚がおかしくなっている状態を示しています。したがって、症状を示すもので疾患名ではありません。
また、このほかにも貧血や低血糖、血圧低下、心疾患などで、立っていられないような状態に陥ることもあります。
さらに原因が多岐にわたっているため、目が回る、ふわふわする、目の前が暗くなる、など患者さんからの訴えもさまざまです(表1)。ですから、患者さんが訴えているめまいがいったいどういうものなのか、何に起因するのか、アセスメントすることが大切です。

めまいの種類

めまいが起こるメカニズム

めまいにはさまざまな種類の訴えや症状があるということを理解したら、次にめまいの原因を仕分けしてみましょう。
めまいの原因は、耳からくる「末梢性前庭性めまい」と脳の異常に起因する「中枢性めまい」、そしてこれら以外に原因がある場合の、3通りに大別できます(表2)。
「末梢性前庭性めまい」と「中枢性めまい」は、いずれも冒頭で述べた私たちがバランスを保ちながら動作できるように働くシステムの障害で起こります。大雑把に仕分けると脳の外と中の違い、ということになります。

>> 続きを読む