お気に入りに登録

【連載】褥瘡ケア 創の見方と適切なドレッシング材

この褥瘡に最適なドレッシング材を選ぶ!

解説 渡辺光子

日本医科大学千葉北総病院 看護師長 皮膚・排泄ケア認定看護師

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e5%85%88%e7%94%9f

4ab701148e36ce7b26292178c92f568e

この連載では、創の見方と適切なドレッシング材の選び方について解説していきます。 まずは、ドレッシング材について基本のポイントを押さえておきましょう。

褥瘡のまとめ記事
* 褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など


ドレッシング材の目的

日本褥瘡学会の「褥瘡予防・管理ガイドライン」によれば、ドレッシング材とは「創における湿潤環境形成を目的とした近代的な創傷被覆材の呼称」とされています。つまり、ドレッシング材とは「近代的な創の湿潤環境を保つための材料」といえるでしょう。 もともとドレッシングとは「覆う」「被せる」という意味で、医学英和辞典では「包帯などを用いて傷を保護すること」とあります。 従来のガーゼもドレッシング材に入ります。しかし、1962年湿潤環境の理論(Winter)が出てからは、ドレッシング材の概念が変わってきました。 そのため、ガーゼドレッシングの価値は低下してきたといえます。こうした背景から、日本褥瘡学会でも前述したように定義しているのです。

>> 続きを読む
ページトップへ