お気に入りに登録

【連載】女性のがんのケア

最終回 母親から子どもへの伝え方

解説 河野由梨香

がん・感染症センター 都立駒込病院 外科外来 乳がん看護認定看護師

Kpsy68z7pnssqxxa1355206293icon josei2

患者さんが子どもに伝える際に、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。今回は、子どもの不安をどう解消するか、患者さんの精神的負担を軽減するためにどうフォローしたらいいのかを解説します。


Q 母親が子どもにがんについて伝える際には、どのような点に注意すればよいですか

A 子どもの不安を解消するとともに、患者さん自らの精神的負担の軽減にもつながるような説明を行えるようフォローします。

子どもは親の変化を感じ取り不安を抱くこともある

患者さんが子どもに病気を告げるかどうかは、患者さんと家族の意向に任せていますが、子どもは、親が病気のことを隠していても、日常生活のちょっとした変化から、それを感じ取っています。

子どもは、「親に何が起こっているのかわからない」──そのことに大きな不安を抱きます。なかには、「自分が悪い子だから親が死んでしまう」と考える子どももいます。患者さんが自分に起こっていることを伝えて、そうした不安を解消することは大切なことです。

また、患者さんにとっても、つらい治療に耐えているうえ、子どもに「病気を隠しながら生活する」ことは、精神的にも大きな負担になります。子どもに安心を与えるとともに、本人も精神的負担を軽くして治療に臨めるようにしたほうが、お互いの心の負担を軽くすることになると思われます。

※続いては、病気の伝え方について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ