お気に入りに登録

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第60回 訪問看護を目指す人々へケアプロから発信

執筆 川添高志

ケアプロ株式会社・代表取締役社長

Ceqbjxq5w5qeqdqm1359525590icon carepro 13

新卒・新人の採用、教育プログラムの整備、……。業界の常識を破る新機軸を次々と打ち出すケアプロ。今度は、訪問看護を目指す人びとへの応援サイトのオープンだ!


訪問看護を目指す人の不安や疑問に応える

訪問看護師の新卒・新人を採用している事業所は、全国でも数えるほどしかない。そのため、新卒・新人で訪問看護師を応援するサイトはない。そこで、新卒・新人を積極的に採用するケアプロが、リーダーシップを発揮しながら、応援するサイトができればと考えた。

訪問看護師を目指す人は大きく分けて3つのタイプ(看護学生、現在活動中の看護師、離職中の潜在看護師)がいて、それぞれ不安や疑問に思っていることは違う。

看護学生には在学中にこんなことを頑張りましょうとか、学生から新卒で入った訪問看護師の日常を見せて、高いモチベーションを維持してもらえるような内容のサイトにするつもりだ。

また、ケアプロが新卒・新人を積極的に採用し教育プログラムを有している事業所を調査してデータベース化し、訪問看護師を目指す人たちが検索できるようにしたい。

たとえば山口県に住んでいる人が、新卒・新人を採用している事業所を見学したい、あるいはインターンシップを希望する場合に、受け入れ先を探す手がかりになればと考えている。

誰でも閲覧できる応援サイトをオープン

応援サイトのアドバイザーには、全国訪問看護協会や日本看護協会、あるいは看護系大学の教員の方々にお願いしようと思う。不安や疑問に答えてもらえれば、きっと心強いだろう。講習会、セミナーなどもアドバイザーの協力を得て開催し、イベント情報として提供もしていきたい。

さらには、訪問看護事業所の中には新卒・新人の採用を模索している所もあるだろう。そんな事業所向けにケアプロがノウハウを、この応援サイトから情報提供することもできるのではないか。

応援サイトのオープンは、今年12月を予定している。会員向けのような制限は設けない。門戸を広げることが目的なのだから、訪問看護に興味を持つ誰でもが閲覧できることが前提だ。まずはオープンを目指して、サイトの内容を詰めている段階にいる。

応援サイトをきっかけに、一人でも多くの人が訪問看護師になってくれれば、ケアプロの試みは大成功だと考えている。

ページトップへ