【連載】スーパープリセプターSAKURA

第1回 みね子、質問地獄におびえるの巻

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

みね子

はじめまして。4月にすもも病院に入職予定の熊谷みね子です。
国試が受かるかどうかも気がかりですが、どんな人がプリセプターになるのかとか、どの病棟に配属されるのかとかも、気になりはじめました。
去年就職した先輩から、病棟に配属された途端、先輩からの質問地獄が待っているという話を聞いたりしてドキドキしています。
ど、どんなことを聞かれるんですかね? ちゃんと答えられないとどうなるんだろう? 
あーもう、考えるだけでまたドキドキしてきた!

桜先輩

ちょっと落ち着きなさい。何も聞かれていないうちから、ドキドキしてどうするの!
確かに、新人は先輩からいろんな質問をされるけれど、あなたがちゃんと勉強していれば、困る質問なんて一つもないのよ!

みね子

……。あ、あの、どちらさまでしょうか? (なんて派手なんだ)

桜先輩

私は、4月からすもも病院で働くことになった、桜舞子。よろしくね。
働く前からそんなに心配してたら、身が持たないわよ!
でも、そうね、不安になる気持ちもわからなくはないわ。
私が全国のナースから集めた秘蔵のアンケートの中から「新人のときに先輩に聞かれて困った質問」の結果を見せてあげるわ。

みね子

はぁ…。

桜先輩

反応が薄いわね。ひ・ぞ・うのアンケートなのよ! しかも私の解説付き!

みね子

…あの、ありがとうございます
(付き合わなくちゃいけないの? 帰りたい…)。

とにかく根拠は確認される!

桜先輩

新人のころを振り返って印象に残っているのは、なぜ○○をするのかという具体的な質問も含め、「根拠は?」「なんでそうしたの?」など、行ったケアに対する根拠を問うもののようよ!
と・に・か・く、先輩は、何をするにも根拠を聞いてくると思っていいわね。
これは、新人看護師の理解度を知るためにも、先輩としてはどうしても質問したくなっちゃうの。

みね子

みんなが挙げるほど、そんなに聞かれるものなんですか?

桜先輩

ま、毎日のようにケアするたびに聞かれるんだから、印象に残っていて当然よね。

みね子

毎日…。

桜先輩

あとは、報告したときに言われる「で?」「それだけ?」「だから?」。 これは、暗に足りないことを指摘してるのね。

みね子

全部伝えたと思ったあとに、この質問をされたら、どうしたら…。

桜先輩

その他にも業務の流れの中で優先順位を聞かれることもあるから、今、何をやるべきかは、常に頭の中で考えておいたほうがいいわね。
「わからないことある?」「困ったことない?」と先輩に声をかけられることもあるみたいだけど、「自分がわかっていないことがわかりません」「何に困っているかわからないし、困ったことだらけ」といった声もあったわねぇ。

みね子

すっごい、わかります! 私も絶対それだ!

桜先輩

具体的なものでは、「なぜその薬を飲んでいるのか」といった薬に関する質問をされた人も多いようね。
とにかく、自分が行うケアの根拠は知っておく必要があるってことね。

答えづらい質問をされて困るケースも

桜先輩

あとは、直接的な業務のこと以外にも人間関係に関して聞かれることもあるから要注意!
「やりにくい先輩は?」「私のこと嫌いでしょ?」といった非常に答えづらい質問をされたことがある人もいるのよ。

みね子

そんなの答えられません!
さっき、勉強してれば困る質問なんてないって言ったのに! これは勉強してても困りますよ。

桜先輩

なんで困るの? 正直に答える必要なんてないのよ。いませんって言えばいいじゃない。
あとは「彼氏いるの?」「結婚しているのか?」といったプライベートなことを聞かれた人もいるみたいね。
こんなの聞いてどうするのかしら? 私は、後輩のプライベートなんて全く興味ないけど。

みね子

興味なさそうですよね。私は、そういう先輩のほうがいいですけど。

桜先輩

新人のときには、仕事のことからプライベートのことまで、いろんな質問をされていることがわかるわね。
仕事中は気を抜くなってことね!

新人の心得

次回は「みね子、入職の準備で迷うの巻」をお送りします。

ページトップへ