お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 換気モードのキホン

【人工呼吸器】PSVの特徴と設定項目

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

B67f7d4c17669cee20ce10d5b815821b

患者さんが楽に呼吸ができるようにサポートしていくことが看護師の重要な役割の一つ。そのためには、どんな呼吸をしているのかを把握しなければいけません。人工呼吸器装着下で患者さんの呼吸をどのように補助するのか、それを決めているのが換気モードの設定です。


PSV Pressure Support Ventilation――圧支持換気(プレッシャーサポート)

ウィーニング過程でよく使われるのが、「PSV(プレッシャーサポート、PSとも)」です。これは、患者さんの吸気努力に対し、圧を送り込むことで吸気をサポートします。このモードは、SIMVモードと併用できます。

[特徴]

・患者さんの吸気努力をトリガー(検知)すると、設定された圧までガスが一気に送気され、吸気努力が続いている間は設定された圧を維持するようにガスが送気され続ける。吸う速さや時間は患者さん自身によって決められる

>> 続きを読む