お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 換気モードのキホン

【人工呼吸器】SIMVの特徴と設定項目

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

B67f7d4c17669cee20ce10d5b815821b

患者さんが楽に呼吸ができるようにサポートしていくことが看護師の重要な役割の一つ。そのためには、どんな呼吸をしているのかを把握しなければいけません。人工呼吸器装着下で患者さんの呼吸をどのように補助するのか、それを決めているのが換気モードの設定です。


SIMV(+PS)――Synchronized Intermittent Mandatory Ventilation + PS

同期式間欠的強制換気+プレッシャーサポート

自発呼吸があっても回数が少ない、リズムが不規則な患者さんに用いることが多いのが「SIMV」で、最近では前述したPSVを加え、「SIMV+PS」モードとして使われるのが一般的です。

自発呼吸を検知しながら、タイミングよく強制換気を設定回数だけ送ります。強制換気のタイミングに合わなかった自発呼吸には、PSVでサポートします。

自発呼吸を残しながら、強制換気を送ることができるため、ウィーニングにもよく使われ、また、呼吸回数を多く設定すれば強制換気も可能です。

[特徴]

・自発呼吸に合わせて、強制換気を設定回数分だけ送る。自発呼吸がなければ強制換気を行うが、1分間10回という設定にすれば、それ以上の強制換気は行わない。そのためタイミングによっては、自発呼吸に合わせ強制換気が入らないこともあり、その際はプレッシャーサポートがかかり呼吸を補助する。呼吸回数の設定によっては強制換気のみの管理も可能で、また、回数を減らしていけばウィーニング時にも使える

>> 続きを読む