お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 アラーム対応のキホン

気道内圧下限アラームの原因と対応

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

Yinmfpghpktqf3tq1377610751zinkoukokyuuara mutaiou1

メーカーや機種によって、表示も名称も異なるのが人工呼吸器のアラーム。たくさんの種類をすべて記憶するのは大変難しいことです。

そこで、人工呼吸器にとって主要なアラームをピックアップし、原理原則と対応の基本をまとめました。


【目次】

※「対応の原理原則」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


どんなアラーム?

気道内圧が設定された圧力まで上がっていないことを示しています。ただし、患者さんにとってそれがどんな意味をもつかは、状況によって異なります。

VCV(従量式換気)などの場合は、ガスが十分に送られていないことを意味しており、迅速に対応する必要があります。一方、SIMV(同期式間欠的強制換気)などの補助換気の場は、患者さんの吸気努力が強くなり、流れてくるガスを早く吸ってしまうために気道内圧が低くなることがあります。

原因としては、第一に呼吸回路のはずれやエア漏れが考えられます。具体的には、回路の接続部がはずれた、加温加湿器やネブライザーのカップがはずれていた、チューブなどが破損して穴や亀裂ができた、気管チューブのカフ圧が低下してリークした、気管チューブが抜けた、または抜けかかっているといったことが考えられます。また、気管チューブは、患者さんが自己抜管してしまうこともあり、このようなときにもアラームが作動します。

そのほか、前述した患者さんの吸気努力の増大、病状の改善などによる肺コンプライアンスの上昇、アラーム設定が高すぎた場合、換気量や呼吸数の設定の間違いなども原因になります。

対応の原理原則

>> 続きを読む