お気に入りに登録

【連載】エンゼルケアQ&A

第2回 【エンゼルケアQ&A】最近は綿つめを行わない?

監修 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

Kitoku gorinju

家族の意向に寄り添って最期のお別れの場面を創出する「エンゼルケア」が、多くの病院や施設で実践されるようになってきています。よりよい死後ケアにつなげるにはどうすればよいのか、よくある疑問・悩みについて、エンゼルメイク研究会代表:小林光恵さんに話を伺いました。

――最近は綿つめを行わないと聞きましたが、便や体液が漏れてきたりしないのでしょうか。

小林光恵さん(以下、敬称略) こちらはとても多く寄せられる質問です。 まず、肛門からの綿つめは必要ありません。これまでの調査の結果、綿はつめても栓の役割をしないということがわかりました。つめていても出るときは出てしまいます。

――そうなんですか……。

小林 死亡直前・直後などは便が出る場合が少なくないようですが、その後は、排便に必要な条件(排便に必要な反射や腸の蠕動運動)がそろわないので、基本的には便は出ないと考えられます。ただ、生前から出やすかった、あるいは腐敗が進んで内圧が高まったなどにより、死後も便が出る場合があります。
便が出る心配があるときは、肛門に紙オムツか紙パットなどを隙間なくあてておくといいでしょう。

――では、鼻や口の綿つめはどうでしょうか。

>> 続きを読む