お気に入りに登録

【連載】エンゼルケアQ&A

第1回 エンゼルメイクは誰に対しても行ったほうがよい?

監修 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

Kitoku gorinju

家族の意向に寄り添って最期のお別れの場面を創出する「エンゼルケア」が、多くの病院や施設で実践されるようになってきています。よりよい死後ケアにつなげるにはどうすればよいのか、よくある疑問・悩みについて、エンゼルメイク研究会代表:小林光恵さんに話を伺いました。

――エンゼルメイクは、誰に対しても行ったほうがよいのでしょうか。

小林光恵さん(以下、敬称略) まず、「エンゼルメイク」は、亡くなった方の身だしなみを整えるための全身のケア全般をさし、顔のメイクも含んだ言葉ですが、ご質問では、顔のメイクだけをさしていますか。それと、ご質問に至った経緯なども教えてください。

――ご遺体の顔のメイクのことがエンゼルメイクだと思っていました。先日、ある高齢女性のエンゼルケアを担当したのですが、ご家族の希望で顔のメイクはせず、髪を整え、顔にはクリームを塗っただけでお帰りいただきました。すると、先輩に「どうしてエンゼルメイクしてさしあげなかったの?」と追及されました。

>> 続きを読む
ページトップへ