お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器 換気モードのキホン

エアトラップ(auto peep)を見逃さない

解説 野口裕幸

CE野口企画 代表 臨床工学技士

B67f7d4c17669cee20ce10d5b815821b

グラフィックモニターでは、気道・肺胞で何が起きているか、つまり患者さんの呼吸の状態を想像することができます。正常な波形を把握していれば、異常な波形を見たときにはっきり判断をすることができなくても、何らかの違和感をもてるようになります。


エアトラップ(auto PEEP)とは

呼気フローがゼロに戻らずに次の換気がスタートしていたら、エアトラップ(auto PEEP)だと考えます(図1)。これは呼気時間が短かすぎ、1回換気量を吐ききれずに終わっていることを示しています。原因としては気道の狭窄がもっとも疑わしく、呼気時間を十分とっても、エアトラップがみられる場合は、十分な呼気時間を得られるように設定を変えるなど何らかの対処をしなければなりません。

エアトラップの例

(図1)エアトラップの例

auto PEEPが生じやすい病態と対処法

>> 続きを読む