お気に入りに登録

【連載】看護部長のもっと! もっと!

第1回 思いやりをもったナースを目指してほしい

4ff0775c797cfbaf25dfcf24cf4cdad34

インタビュー伊藤玲子

東名厚木病院 看護部長

東名厚木病院 看護部長伊藤玲子さんの写真

互いに思いやりをもつことが心のこもった看護につながる

──看護部の理念が新しくなったそうですが。

伊藤 看護部長就任時に「心のこもった看護」を理念に掲げました。これを実現するためには何が必要か──それは「思いやり」です。

患者さんはもちろん、同僚、先輩、後輩、上司、部下……他職種も含めた周囲の人々に対し、思いやりをもつことが大切。それがお互いを理解し合うことにつながります。

私が当院に来たとき一番に感じたのは、職種の壁を超たえチームワークの良さ。ナースがベッドサイドケアをしっかり行えるよう、リハスタッフや薬剤師など各職種がフォローする様子に驚きを覚えました。

このように、当院にはすでにお互いを思いやる土台がある。これをさらに意識することで、もっともっと支え合うことができると確信しています。

──新人教育でも「思いやり」はキーワードになりますか?

伊藤 新人に限りませんが、スタッフには優しさをもったナースになってほしい。忙しく、精神的にも葛藤を抱えがちな仕事だからこそ、人間関係はカギになってきます。

思いやりのない関係は、看護そのものまでつらいものにしてしまう。そうならないよう、看護課長や主任など、上司や先輩が、個々のスタッフと会話を持ち、理解を深める機会を多く設けています。

新人の場合には、入職後定期的に面談を行い、プリセプター以外にも教育担当や看護課長が目を配れる体制を作っています。

次ページは、「看護の質をアップさせるキーワード」です。

ページトップへ