お気に入りに登録

【連載】エンゼルケアQ&A

第7回 肌の色が緑色に変わってしまいました……

監修 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

Kitoku gorinju

家族の意向に寄り添って最期のお別れの場面を創出する「エンゼルケア」が、多くの病院や施設で実践されるようになってきています。よりよい死後ケアにつなげるにはどうすればよいのか、よくある疑問・悩みについて、エンゼルメイク研究会代表:小林光恵さんに話を伺いました。

――黄疸の方への対処法について、質問が多いとお聞きしました。亡くなった後に、なにか特徴的な変化があるんですか。

小林光恵さん(以下、敬称略) 必ずといっていいぐらい、肌の色が変化します。

――どんな色になるんでしょう。

小林 薄い緑色になります。それも、どの肌も一様に変化するのではなく、たとえば、お顔であれば、眉毛はほとんどなかったのに、眉毛が浮き出たように色が変化したり、髭やうぶ毛を剃った口の周りが、わっかのように浮き出てきたりもします。

――部位によって変化に差があるんですね。

小林 それも、亡くなってすぐではなく、死後24時間から36時間ほど経ったころ、つまり、病院でしたら退院し家に戻られてから肌色が変化するので、ご家族がびっくりなさいます。また、死後36時間から48時間ほどたつと、今度は、緑色に灰色も混じったような色に変わっていきます。

>> 続きを読む