お気に入りに登録

【連載】基礎からわかる精神科看護

【精神看護】第6回 興奮状態の患者の看護とは

監修 医療法人財団青溪会 駒木野病院

精神科専門病院

D374d95049b72c086bb3dc28ad53211f1

関連記事
第3回 妄想患者の看護とは
第4回 せん妄患者の看護とは
第5回 抑うつ感情の患者の看護とは

興奮状態の患者の看護とは

興奮状態の定義

興奮とは一般的に不安や怒り、喜びや深いなどの刺激で感情が高まり、抑制が利かなくなった状態をいいます。
しかし、感情の現ればかりでなく、その度合いや現れ方には疾患や患者個人の環境などにより違いがあります。
口吻には、躁性興奮・緊張病性興奮、そして表現能力の低下による興奮があります。

躁性興奮は、最初は気分爽快で意欲の高まりも見られますが、だんだんと悪化し落ち着きがなくなり、動き回る、しゃべり続けるなど、自分自身をコントロールできず疲労困憊となります。
また、周囲の人も巻き込まれ、疲れ果ててしまいがちになります。

>> 続きを読む
ページトップへ