お気に入りに登録

【連載】基礎からわかる精神科看護

【精神看護】第7回 拒絶的な患者の看護とは

監修 医療法人財団青溪会 駒木野病院

精神科専門病院

D374d95049b72c086bb3dc28ad53211f1

関連記事
第8回 引きこもり状態の患者の看護
第9回 自殺・自傷行為がある患者の看護
第10回 不眠症の患者の看護の仕方

拒絶的な患者の看護とは

定義

看護上の拒絶

看護上の拒絶とは、ある行動を他者から求められた時、拒否する態度や行為を指していいます。
拒絶することは外界の人の侵入を防ぎ、自己を守っている状況です。
拒絶には、食事を拒否する拒食、薬を拒否する拒薬、話しかけられても一言も発しない緘黙、人との接触を拒否する接触拒否があります。
その他、千面、入浴、更衣など身の回りの整理を拒絶することもあります。
拒絶は、機能的な障害や意識障害は無く、自分の意思を伝えようとしていないだけで、周りからの声掛けや問いかけは理解しています。

医学診断上の拒絶

>> 続きを読む
ページトップへ