お気に入りに登録

【連載】高齢者の機能低下をアセスメント

第5回 転倒・転落の観察とアセスメント

解説 吉崎順子

東京都健康長寿医療センター 救急外来次席

Obaasan kurumaisu

転倒・転落を防ぐには、身体状態、精神状態、環境などをアセスメントし、要因を洗い出すことで、予防を図る姿勢が必要です。
今回は、観察とアセスメントのポイントについて解説します。


身体症状だけでなく、生活背景や性格などを統合的に見ていくことが大切

身体機能そして環境適応能力が低下している高齢者は、疾患によってそれらの機能・能力がさらに低下しています。
また、生活背景・習慣によってもそのリスクは異なってきます。先にも述べましたが、病室は非日常環境です。
例えば、自宅では布団で寝ていても病院ではベッドを使用し、そのベッドも床から高さがあります。
こうした違いへの適応は、高齢であり、しかも疾患を有する患者さんにとっては非常に難しく、それだけ転倒のリスクも高くなるのです。

>> 続きを読む
ページトップへ