お気に入りに登録

【連載】高齢者の機能低下をアセスメント

第7回 転倒・転落 在宅に向けての視点

解説 吉崎順子

東京都健康長寿医療センター 救急外来次席

Obaasan kurumaisu

これまで、転倒・転落に関して、なぜ起こるのか?、どうアセスメントしたらよいのかやケアの仕方などを解説してきました。
最後に在宅に移行する際にどのような視点をもって考えればいいのかを解説します。


個々の家庭環境に合わせたゴールを設定していますか?

入院時に家族構成やキーパーソンの存在を確認します。
そして患者さんの症状から寝たきりになりそうか、リハビリによりADLの回復が期待できるかなどを評価した上で、どのような状態であれば在宅での生活が可能かを家族に聞いていきます。
当センターでは、さらに患者さんがどのレベルまで回復可能かを医師、看護師、理学療法士などを交えて症例カンファレンスを行い、ゴールを設定しています。

身体状況に合わせた生活指導ができていますか?

転倒のリスクについては、まず患者さんの身体の状態を家族に理解してもらうために、実際に患者さんがリハビリを行っている様子を見てもらうようにします。

>> 続きを読む
ページトップへ