お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

活動制限が必要な子どもと家族の援助について適切でないのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

活動制限が必要な子どもと家族の援助について適切でないのはどれか?

1.不必要な制限をなくし、動きの制限を最小限にとどめるように配慮する。

2.ベッド上でできる遊びを工夫する。

3.自分でできることは自分でさせ、欲求を充足させるための方法を工夫する。

4.活動したいという気持ちを刺激しないように他児との交流を制限する。

―――以下解答―――

(解答) 4

<解説>

1.○ 活動制限が子どもの発達を阻害しないようにする。

2.○ 遊びは、動けないことによるストレスを発散する方法のひとつである。

3.○ 欲求充足のための工夫は、活動制限に対する対処能力を高める。

4.× 活動制限を他児との交流によって補うことが可能である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策