お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

前置胎盤の症状で誤っているのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

前置胎盤の症状で誤っているのはどれか?

1.内出血を主徴とする。

2.出血は陣痛発作時に増量する。

3.出血時は疼痛を伴わない。

4.早産が多く、胎位異常になりやすい。

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

1.× 出血は主に外出血である。

2.○ 陣痛発作時には子宮収縮に伴い胎盤が圧迫されるために出血し、間欠時は治まる。

3.○ 因もなく突如として起こり、痛みを伴わないのが特徴である。

4.○ 胎盤が子宮口付近にあることにより児頭が骨盤内に固定しにくいため、骨盤位や横位が多い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ