看護師の仕事に役立つ情報、技術が学べるサイト -スキルアップに役立つ情報をお届けします-

【連載】血液ガスの基礎知識とアセスメント

第5回 PaO2とSaO2で評価する

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Gas0

患者さんの酸素化を評価する際には、PaO2とSaO2の数値を用いてアセスメントしていきます。まずはPaO2とSaO2が何を示しているのかについて解説していきます。

PaO2とSaO2ってなに?

PaO2は、動脈血中の酸素分圧を表現しています。正常値は80~100torrであり、これは、動脈血中にあるいくつかのガスのうち、酸素が1気圧(760torr)下で100torrあるということを意味しています。
動脈血中の酸素は血漿に溶けて存在しているもの(溶存酸素)と、血中に含まれるヘモグロビンと結合しているもの(結合酸素)に分かれます。

ヘモグロビンは1gあたり、およそ1.34mLの酸素と結合することができ、100mLの血液中にヘモグロビンが基準値の14gあるとすると、14×1.34=18.76で、18.76mLの酸素がヘモグロビンと結合しているわけです。ただ、これはすべてのヘモグロビンと酸素が結合した場合の量であり、実際には結合していないヘモグロビンも少量あります。

ヘモグロビンと結合している酸素の割合を示すのが、酸素飽和度で、動脈血中の酸素飽和度をSaO2と表します。すべてのヘモグロビンと酸素が結合している状態=100%が最高値となります。PaO2が150torrとなるとSpO2は100%に近づきます。SaO2が100%となった状態で酸素を投与し続けても、すでにヘモグロビンはすべて酸素と結合しているため、結合酸素の量に変化はなく、ただ溶存酸素が増加することになります。

※次ページは酸素解離曲線の見方です。